管理栄養士&フードコーディネーターmi-inaの身体が喜ぶ♪HAPPY RECIPE

おすすめレシピのご紹介や子育ての様子など日常生活などゆる~く綴っていきます。

妊婦におすすめのあずき煮

こんにちは。


今日もとってもいいお天気ですねー。


今月も残す所あとわずかとなりましたが、私事で今週末から6ヶ月目に入ります。


待ちに待った胎動もGW明けから感じるようになり、それと同時にお腹も一段と大きくなってきました。


最近は胎教を聞かせながら胎動を感じる日々を楽しみながら過ごしています。


またGW明けに行った5ヶ月検診では夫と共にとても楽しみにしていた性別がそろそろわかる時期ではありましたが、残念ながら次回持ち越し!


来月頭の検診までの楽しみに取っておくことにします。



最近は長かったつわりも終わり、この時期は食欲が増して一気に体重が増える時期だそうですが、もともと胃下垂のせいか?


垂れ下がった胃が大きくなったお腹で圧迫されているせいで、思った以上に食べれません。


ただ、体重は順調に増えているようです・・・。目標は1ヶ月1キロ。助産師さんのアドバイス通り、出産までプラス8〜9キロを目標にして頑張っています。


そして、同時に気をつけたいのが塩分はもちろんのこと、糖分の摂り過ぎ。


つわり中からなぜかチョコレート系がほとんど食べれなくなり、チョコレートのにおいで吐き気が酷くなることもありましたが、つわりが終わった今でもチョコレート系は全くもって欲しくないので、ほとんど口にしてません。


甘いものだとバニラ系のアイスクリームやシャーベット系のもの、プリンを食べることが最近とても多いのですが、市販の甘いデザートは白砂糖を沢山使っており、できる限り控えたい所。


今日は妊婦の私にも優しい小豆煮を作りました。


小豆は低カロリーで食物繊維が豊富なため「便秘の解消」にとても効果的。

またカリウムが豊富な為、血圧の安定やむくみ予防の他、母乳の分泌促進、肌荒れ予防など栄養価がとても高いのが嬉しい。



今日作ったのは以前通っていたマクロビスイーツクラスで習ったレシピをちょっぴりアレンジ。


その時のレポはこちら


市販の小豆煮は私には甘くて食べれませんが、これは甘さ控えめでとても美味しいんです。


DSC02133.jpg


作りやすい量

<材料>

小豆     1/2カップ

水      3と1/2カップ(びっくり水を含む)

昆布     切手大1枚ぐらいのもの

てんさい糖 
又はきび砂糖 1/3カップ

天然塩    ひとつまみ


★下ごしらえ

小豆は洗って1〜2時間浸水しておく。
昆布はさっと洗い、水で戻しておく。


<作り方>

1、圧力鍋に小豆、昆布、水2と1/2カップを入れ火にかけ、沸騰したら1カップの差し水をし、蓋をして圧をかける。圧がかかったら弱火にして20分炊く。

2、蓋が開けられるようになったら、てんさい糖又はきび砂糖、天然塩を入れ、弱火で15分炊く。


仕上げの15分の炊き時間では汁気が多めの仕上がりになるので、茹でたかぼちゃとあわせていとこ煮風にしたり、餅や白玉を入れてぜんざいに。


上記よりさらに15分長めに弱火で炊き、水分を飛ばせば固めのあんこに仕上がり甘さも強くなるので、トーストにのせたり、アイスにかけるのがおすすめ。


妊婦以外の方にもおすすめなので、是非機会があったらお試しになってみてくださいね



現在twitterを始めています!レシピブログさんとtwitter機能の連動により、毎日のブログ更新時にtwitterへ自動的にアップされるようになりましたので、もしよろしければフォローして頂けると嬉しいです♪


@myango38



ブログランキングに参加しています!読んだ印にポチっと押して頂けると励みになります。
よろしくお願いします!