管理栄養士&フードコーディネーターmi-inaの身体が喜ぶ♪HAPPY RECIPE

おすすめレシピのご紹介や子育ての様子など日常生活などゆる~く綴っていきます。

甘酢肉団子の皿うどん

こんにちは!


今日は昨日とは打って変わってとてもいい天気!


気温も過ごしやすくておでかけ日和です。


どうぞ楽しい休日をお過ごしくださいね★


さて、今日は昨日に引き続き、cookpadさんのモニター参加企画 日本ハムの中華名菜シリーズの「甘酢肉団子」を使ったおうちパーティー向け料理のご紹介です。


甘酢肉団子は頂いたこちらを使わせて頂きました。


DSC01125.jpg


こちらのモニター詳細はここをクリック



甘酢肉団子の皿うどん


DSC01240.jpg


約4人分


甘酢肉団子  1P

玉ねぎ    1/4個

赤パプリカ  1/8個

ピーマン   1個

ヤングコーン 4本

れんこん   100g

皿うどん用パリパリ麺 2人分

サラダ油   適量


★下準備

玉ねぎはくし切りにする。
赤パプリカ、ピーマンは乱切りにする。
れんこんはいちょう切りにし、酢水に漬けておく。


<作り方>
1、フライパンにサラダ油を熱し、肉団子、れんこん、玉ねぎ、ヤングコーン、赤パプリカ、ピーマンの順に入れ、袋に書かれた規定時間炒め、添付タレを加え炒め合わせる。

2、お皿にパリパリ麺をほぐしてのせ、上から1をかける。


大した料理ではありませんが、パリパリした麺に甘酸っぱい肉団子のたれやたっぷりの野菜を絡めて食べると想像以上にマッチして、美味しかったです。


見た目も色鮮やかなので、パーティーなどのおもてなしにもピッタリですよ!


そういえば、皿うどんと言えば、本場は長崎ですよね!


いつも夫と意見が分かれるのが、皿うどん派かちゃんぽん派どっちかということ。


私は断然皿うどん派なんです。


ちゃんぽんは野菜たっぷりで具だくさんだし、豚骨ベースのスープも濃厚で麺と絡んでとても美味しいのですが、皿うどんに使っているパリパリ麺に野菜たっぷりのあんかけを絡めて食べると、カリカリした食感の部分とあんでふやけた麺の両方が楽しめるということもあって、すごく好きです。


皿うどんの名前の由来は、麺は椀や丼などの深い器に入れて食べるのが当り前と思われていた時代に、スープがないので浅いお皿にのせて、このちゃんぽんのバリエーションとして創られた料理が出されたことからだそうですね。


時々無性に食べたくなる時がある料理が皆さんにもそれぞれあると思いますが、私はその一つが「皿うどん」です。


これを食べていると小学生時代に家族で行った長崎を思い出します。


定番のものとは一味違った味ですが、とても美味しかったので、もし機会があったらぜひぜひ作ってみてくださいね


現在twitterを始めています!レシピブログさんとtwitter機能の連動により、毎日のブログ更新時にtwitterへ自動的にアップされるようになりましたので、もしよろしければフォローして頂けると嬉しいです♪


@myango38



ブログランキングに参加しています!読んだ印にポチっと押して頂けると励みになります。
よろしくお願いします!