管理栄養士&フードコーディネーターmi-inaの身体が喜ぶ♪HAPPY RECIPE

おすすめレシピのご紹介や子育ての様子など日常生活などゆる~く綴っていきます。

デザート仕立ての冷やし豆乳茶碗蒸しと夏に多い痛風のお話

こんにちは!


今日はここ数日の中でも格別暑い朝のような気がします。



朝からこんな暑いと朝食と弁当作りも憂鬱になります。



皆さんも体調管理には気をつけてしっかり水分摂って下さいね!



さて、以前のブログにもレシピをご紹介しましたが、現在レシピブログさんでハウスのっけてジュレポン酢のモニターに参加しています。


のっけてジュレの料理レシピ
のっけてジュレの料理レシピ


最近ではCMでもよく見かけますし、スーパーでも陳列されて売られているのを目にします。



名前の通り、ポン酢がジュレ状になっているので、かけるだけで見た目がよくなるのはもちろん、汁もれが気になるお弁当にも入れやすいんですよね。



今日はお弁当におくらのお浸しを入れたんですが、茹でたおくらにかつお節、ジュレを和えたものを入れました。
これなら汁もれも少なく助かります。



他にもお刺身やサラダなど色んなものにかけられるので、しばらく我が家の定番になりそうです



今日は第二弾のレシピを考えたので、こちらでご紹介させて頂きます。



ちなみに第一弾のレシピはこちらです←クリックしてね!



デザート仕立ての冷やし豆乳茶碗蒸し



DSC00622.jpg



ジュレをカラメルソースに見立て、まるでデザート感覚のプリン風に作りました。



2人分

<材料>

卵   1個

豆乳(無調整) 1/2カップ

白だしつゆ  大さじ1.5

水      1/2カップ

塩      少々

トッピング

ハウスのっけてジュレポン酢 適量

お好みの野菜(今回は湯むきしたプチトマトとボイルブロッコリーをのせました)


<作りかた>

�ボールに卵を割り入れかきまぜたら、豆乳、白だしつゆ、水をいれ混ぜる。

�器に�を流し入れ蓋をして蒸す。(我が家はヘルシオの蒸しモードで作りました)

��が蒸せたら荒熱をとってから冷蔵庫で冷やし、食べる直前にジュレをかけ、野菜をトッピングする。



冷やし茶碗蒸しは以前のブログネタで別のレシピをご紹介させて頂きました。
そのレシピはこちら↓


冷やし茶碗蒸し


IMG_1232.jpg




こちらは中にひじきや枝豆などが入っていて、栄養バランス的にもお勧めの茶碗蒸しです!



詳しいレシピはこちらからどうぞ!



どちらも簡単に作れるので、是非ご家庭でもお試しくださいね



さて、今日は夏に多い痛風について少し触れたいと思います。



実は先日実家の父が初めて痛風になりました・・・。



仕事で痛風患者と会うことはあっても、まさか自分の親までなるとは思っても見なかったので、本当にびっくりしました



痛風とは何かご存じのない方もいらっしゃるので、少し説明させて頂きます。



痛風とは?

高尿酸血症を原因とした関節炎を来す疾患。名称は、痛み(発作の箇所)が風が吹く様に足・膝・腰・肩・肘や手など全身の関節を移動し尚且つ風が強くなったり穏やかになったりする様に痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返す(痛みの悪風に中(あた)る意、または吹いた風が当たっただけでも痛む、の説もある)ことから命名された。



昔はぜいたく病と言われましたが、今や国民病の一つで現在の痛風患者数は30〜60万人と推定、予備軍は500万人とも言われています。夏は汗をかくために汗をかいて脱水状態になると血液が濃縮され尿酸値が高くなります。このため夏は痛風の発作が起きやすいと言われています。



主には足の親指の付け根に痛みが出やすいのですが、個人差もあるようで、うちの父は足の甲に症状がでました。



痛風とは体内で増えすぎた尿酸の結晶が関節の中にできることで炎症を起こすのですが、そもそも尿酸というのは、食物にも含まれる「プリン体」と呼ばれる物質が体内で代謝されてできる物質で、通常は尿中に排泄されます。しかし、食事などで大量のプリン体を摂取すると、身体に尿酸が溜まってしまい、結晶化して足などに溜まることで痛みが出ます。


痛風になる人は日頃からお酒を飲み過ぎていたり、塩分の高いものを好んで食べるなど食生活の乱れや運動不足が招いている証拠。


何より日ごろからバランスの取れた食生活が大切になります。


<プリン体の多い食べ物>

ビール レバー カツオ まぐろ いわし さんま 明太子 スルメ 牡蠣 白子 ウニ カニ 海老 乾物など海のものが比較的多いですね。だしで使うかつおや昆布、干ししいたけなどにも多いので、麺類の汁は飲まない方が良いです。


予防する食生活のポイント

1、肥満の人は栄養バランスのとれた食生活で減量


2、水分を摂る(一日2リットルが目安)水や麦茶などがお勧め


3、アルコールの過剰摂取は禁物。
  ビールは特にプリン体が多い飲み物です。プリン体カットのものも売っているので、種類と量を加減しながら一日一合の量が目安です。


4、適度な運動
 運動不足は、肥満を招き、適度な運動は高脂血症、高血圧などの改善に効果があり、痛風の予防・改善にも役立つことです。激しい運動は逆に尿酸値を上げてしまうので、じんわり汗をかけるようなウォーキングなど有酸素運動がお勧めです。
 

5、ストレスをためこない。
  痛風にはストレスが大きく影響するということがわかってきました。もちろんストレスの原因を解消しなければ根本的な解決にはならないでしょうが、休養や適度な運動は、ストレス解消にも役立ちますから、生活の中ででるきことから実践してみましょう。



痛風は主には男性になりやすい病気ですが、女性でも起きる病気です。


先程もかきましたが、夏は特になりやすいので、日ごろからバランスのとれた食生活を心がけ、気をつけましょうね!



ブログランキングに参加しています!読んだ印にポチっと押して頂けると励みになります。
よろしくお願いします!