管理栄養士&フードコーディネーターmi-inaの身体が喜ぶ♪HAPPY RECIPE

おすすめレシピのご紹介や子育ての様子など日常生活などゆる~く綴っていきます。

フードコーディネーターについて

ここの所レシピのご紹介が続いていたので、たまには別の話題を・・・。


今日はフードコーディネーターについて書きたいと思います。


私は栄養士として長年仕事をしていましたが、今から約2年前に長く勤めていた商品開発の仕事を辞め、昨年は調理のバイトをしながら半年間フードコーディネータースクールで勉強しました。

私が通っていた学校は作ってあげたい彼ごはんシリーズで大人気のSHIORIさんやハンサムキッチンやひるおびなど多数メディアで活躍されている真ちゃんこと、寺田真二郎さんなどを輩出した「フードコーディネーター祐成陽子クッキングアートセミナー」です。

フードコーディネーターって何の仕事?って知らない人にはよく聞かれるのですが、一言で語りきれず・・・。

主にはレシピ開発から料理のスタイリングなどを手掛けるお仕事で、雑誌や料理本、メディアなどを中心に活躍されている方が多いように思います。

私も今から約7〜8年ほど前、「いつかは自分で料理本を出したい!」と夢見ていましたが、そんな夢叶うわけないと現実逃避をしていました。

ただ、2年前に仕事を辞めたことをきっかけに自分を見つめ直したことで、やっぱり自分の料理本を出したい!って強く思うようになり、今まで栄養士の仕事しか知らない私はフードコーディネーターの勉強をする為、学校に通う決意をしました。

ただ、我が家にはとっても高い授業料。比較的理解のある夫もすぐには首を縦には振ってくれませんでした。

夫に自分の将来像・プランを紙に書いてプレゼンし、説得した結果ようやく許しをもらえたのが去年の年初め。

そして、昨年の春から念願のフードコーディネーターとしての勉強をスタート。
無事に秋に卒業しました。

学校では頭でっかちになりがちな座学中心の授業ではなく、ほとんど実習形式の授業でした。
私の苦手とする個性やオリジナリティを出すのがとっても難しく、苦しいことも多々ありましたがただその分やりがいも多い半年間でした。

卒業前に最後の課題として、「サンドイッチ」をテーマにクラス全員で発表会を行いました。
当日までにメニューからスタイリングの小物まですべて自分で考えて揃え、本番当日に最終作品を仕上げます。

最後に先生とクラス全員で自分が一番いいと思う作品にそれぞれ投票し、順位を決めます。
それまでの課題では先生にあまりいい評価をしてもらえず、悔しい思いを何度もしたのですが、卒業課題の投票結果、なんと「2位」というすばらしい順位をもらい、大変いい思い出となりました。

こちらがその作品です。

私は20代女性向けのファッション雑誌に載せる「ピクニックランチ」をテーマにしたサンドイッチを提案。
外でも手を汚さず食べられるトルティーヤサンドを作り、かわいいスタイリングをイメージしました。

IMG_1437.jpg

サンドイッチ一つにしても、色んな切り口や発想があるんだと他の生徒さんの作品を見て考えさせられましたし、非常に勉強になった授業でもありました。

卒業してもう半年以上経ちましたが、まだまだ夢の扉の前です。

いつか叶う日を夢見て、日々精進していきたいと思います!



ブログランキングに参加しています!読んだ印にポチっと押して頂けると励みになります。
よろしくお願いします!