管理栄養士&フードコーディネーターmi-inaの身体が喜ぶ♪HAPPY RECIPE

おすすめレシピのご紹介や子育ての様子など日常生活などゆる~く綴っていきます。

柑橘類の違い

今日は柑橘類のお話を…。

愛媛に親戚がいるので、我が家にはありがたいことに年中柑橘類が何かしら転がっています

そのお陰か?今まで知らない柑橘類と出会うことも。

今日はこの季節に出回っている柑橘類を一部ご紹介します。

IMG_1904.jpg

一番奥の大きいのが甘夏。
爽快な酸味とあっさりとしたサクサク感が魅力。無農薬のものが手に入ったらマーマレードやピールに加工するののがおススメ!サラダなどに入れたりしても美味しいです。


右にあるのが愛媛では美生柑(みしょうかん)と言うそうなんですが、代表的な呼び名が河内晩柑(かわちばんかん)。
和製グレープフルーツと言われ、産地も愛媛県と熊本県などの少数とのこと。さっぱりとした酸味で、身と皮が取り出しやすく食べやすいです。


左にあるのがニューサマーオレンジ.
果肉は酸味があり甘さが控えめで独特の風味が強く、どちらかというとグレープフルーツやレモンの味に近いです。他の柑橘類とは違い、果実の表皮における白い部分(内果皮、アルベド)もそのまま食べられるので、 皮の黄色い表面(外果皮)だけを薄く剥いで食べます。
この白い部分はふかふかとした食感で、苦みや渋みはないです。


一番手前にあるのが清見オレンジ。
清見(きよみ)は温州みかん(宮川早生)と外国産のトロビタオレンジを交配させて作られた柑橘類の一種。
果皮は剥きにくいが風味は良いです。甘みが強くてとってもジューシー。ジュースなどにも加工されたりします。


栄養面でいうと、柑橘類はクエン酸を多く含みます。
クエン酸は身体に吸収されにくい鉄やカルシウムなどの脂溶性ビタミンを水溶性ビタミンに変え、吸収をよくしてくれます。
また、運動時などに生成される筋肉中の疲労物質の乳酸を分解して疲労回復を早める働きがあります。
肩こりや腰痛の予防効果、抗菌・抗ウィルス効果の高い健康成分です。

ちなみに、今年初めて甘夏でマーマレードを作りました。

IMG_1886.jpg

かなり手間暇かかりましたが、減糖&無添加で作れるのは手作りならでは。
朝のトーストにのせて食べてます。
料理にも使えるので、色々とアレンジしてみようと思います!

皆さんもスーパーなどで見かけたら色々手にとって見て下さい。

味の食べ比べなどしてみても面白いかも?!