管理栄養士&フードコーディネーターmi-inaの身体が喜ぶ♪HAPPY RECIPE

おすすめレシピのご紹介や子育ての様子など日常生活などゆる~く綴っていきます。

今月はベトナム料理

去年から卒業したフードコーディネータースクールで開いている
料理教室に月1回通っています。

今年から世界の料理がテーマとなり、毎月世界各国の料理を教えてもらっています。

ちなみに今月はベトナム料理でした。

先月は地震の影響で中止となったので、2か月ぶりです!

ベトナムは6年ほど前に旅行に行ってきましたが、食事がとっても美味しかった記憶があります。
中でも我が家では生春巻きをよく作るのですが、それ以外はあまりレパートリーがなかったのでこれを機に色々と挑戦してみたいです。

<ベトナム料理の特徴>
インドシナ半島の東側の国で首都はハノイ
隣接する中国と植民地時代のフランスの影響を受けて発達したベトナム料理は辛すぎず、甘すぎないマイルドな味が特徴。新鮮なシーフードや生野菜、ハーブをたっぷり使ったヘルシーなメニューが多く、女性に嬉しいグルメの国。
南北に長いベトナムは地域によって食材や味付けに差があり、南部は砂糖をたくさん使った甘い味付けで、生野菜や香草をたくさんつかいます。
中部は、辛い味付けで米粉を水で溶いて蒸した料理や宮廷料理が名物。
北部は塩やしょうゆを使った塩辛い味付けが多く、米がベトナムの中で一番おいしいと言われています。


DSC00211.jpg

<メニュー>
ベトナム風魚の煮つけ
春野菜と組み合わせたベトナム風にアレンジした魚の煮つけです。
味付けの主役になるニョクマムを甘辛く仕上げています。
ごはんが進む味!

バインベオ
小皿料理である宮廷料理の一つ。
とっても小さいお皿に米粉をお湯で溶いたものを蒸し、ひき肉やえびなどをニョクマムなどで味付けし
カリカリに揚げたパン粉などをトッピングしています。食感の違ったトッピングがアクセントになっていて、ぺろっと食べ切れちゃいます!


ベトナム風サラダ
ベトナムはもやしを生で食べるんです。ひげが臭みの元だそうで、両端のひげを取るととっても美味しく食べられます。むしろ生のほうが美味しいぐらい、生もやし!はまります。
他にも彩りよく生野菜を合わせたベースに、ドレッシングを合わせてカリカリに揚げたワンタンの皮をトッピング。一緒に組み合わせたグレープフルーツがさわやかで美味しかったです。
ちなみに、ベトナムではフルーツにざぼんをよく使うそうです。

最後はお楽しみのデザート。
毎回先生がデザートを1品用意して下さっています。

今回はコーヒーはちみつのゼリー コンデンスミルク添えでした。

ベトナムと言えばコーヒーですよね。
現地でもみんな甘〜いコンデンスミルクを入れて飲んでいました。

今回は全部好みの味でとっても美味しく頂きました!

DSC00213.jpg